営業日報の基本

効率的に仕上げるなら営業日報システムの導入をオススメします。
怠りがちになりがちなのが情報共有です。仕事を円滑に進める上で必要になってくるものですので、ツールなどを使って漏れのないようにしましょう。

営業部では、ホウ・レン・ソウが基本ですね。もっともこれは、営業以外の部署にもあてはまることです。
しかし、営業部は、他の部署にはない機能があります。お客様との折衝も勿論ですが、お金を稼ぐ唯一の部署でもあるのです。そこで重要になってくるのは、営業マンがある程度の裁量をもって、会社の看板とリソースで商売をしている以上、他部署よりもより厳しい管理が必要なのです。
そこで、重要になってくるのは、部内での情報共有です。この情報共有には勿論メールや電話もありますが、一番は営業日報です。営業日報で、新規をまわったなら、どんな感触だったのかみんな知りたいでしょうし、既存なら新しい案件があったかどうかも関心事だと思います。
こういった営業活動のもろもろのトピックスを書き込むのが営業日報なのです。これは、部内の情報共有だけでなく、部内での意見調整などにも使えます。無論、手柄の横取りが怖くて、みんなに公開しないという選択肢は論外です。
また、営業部長が、自分のチームがどんなトラブルがあって、どんな案件が進行しているのかをマネジメントする上でも営業日報は非常に役立ちます。部内での情報共有以外の機能としては、マネジメントの問題も含んでいます。

お客様の前に出てもいきなりしゃべることは難しいですよね。そんな時は、営業の研修をしっかり行いましょう。基礎がしっかりしていれば、どんな状況にも対応することができますよ。

Comments are closed.

calendar
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archive